業務用バター | 商品一覧 | カルピス株式会社

業務用バター

上品でやわらかい香り クリーミーなコク 乳本来の風味

いちばん大切にしたのは、乳本来の風味と香り。コクがあるのにあっさりとしたあと味。まろやかさとさわやかさの絶妙なバランス。そして、ケーキや料理の色あいを損なわない白さ。
良質な乳脂肪分からひとつひとつ大切につくりあげるカルピス(株)バターは、まさに「こだわりのバター」です。

カルピス(株)バター

乳本来の味と香りを生かした、クリーミーで白いバター。やさしい風味で他の素材の持ち味を上手に生かします。均一な組織で抜群の伸展性、やさしく芳醇な風味が最高です。

カルピス(株)発酵バター

乳酸菌を厳選し、日本人好みのさわやかなコクと香りを実現した発酵バターです。深いコクとフレッシュなバター風味で、ヴェノワズリー、焼き菓子などに最適です。

カルピス(株)低水分バター

低水分なのでのび・つやが良く、シンプルな味わいで、焦がし、溶かしバターに最適です。クリーミーで自然な白さ、やさしい風味で他の素材との相性も抜群です。

カルピス(株)バターのおいしさのわけ

一年を通して同一品質のおいしさと使いやすさを提供できるのにはわけがあります。

  • 「カルピス」の製造で培った高い技術と厳しい品質管理のもと、都府県産の良質な生乳を主として得られた乳脂肪を原料とし、殺菌や丁寧なエージング、チャーニング、ワーキングなど、こだわりの製法のもとつくられています。
  1. 生 乳

    1生 乳
    良質な生乳を牧場から冷却した状態で運び、様々な品質検査を行ったのち、乳脂肪分(クリーム分)を分離します。
  2. 乳脂肪分
    (クリーム分)

    2クリーム分(脂肪分)
    殺菌・冷却
    乳脂肪分を短時間、加熱・殺菌したのち、すぐに低温まで冷却します。
  3. エージング
    (熟成)

    3エージング
    冷却した乳脂肪分を低温のまま1日程寝かせ、熟成します。
  4. チャーニング
    (攪拌)

    4チャーニング
    熟成させた乳脂肪分を、厳密な温度管理の下、攪拌(かくはん)します。ここで乳脂肪分が凝集し、バターの原型(脂肪の粒)が出来上がります。
  5. ワーキング
    (練りあわせ)

    5ワーキング
    攪拌後、バターの原型を練りあわせます。この作業を念入りに行うことで、”滑らか”で組織の密なバターが出来上がります。有塩バターの場合は、この作業中に食塩を加え練り上げます。
  6. 製品検査

    6包装・製品検査
    成型・包装したのち、品質を維持すべく、カルピス社独自の厳しい基準により製品検査を行っています。この検査に合格した製品だけがお客様のお手元に届きます。