発酵乳と乳酸菌
発酵乳と乳酸菌TOP
発酵乳って何?

日本では、ヨーグルトやのむヨーグルトなどのような言い方で広く使用されていますが、法律上は、『発酵乳』として定義されています。

この法律は、「乳および乳製品の成分規格等に関する省令(略して乳等省令)」というものです。そのなかで発酵乳は、「乳またはこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌または酵母で発酵させ、糊状または液状にしたもの、またはこれらを凍結したもの」と定義されています。

無脂乳固形分とは、牛乳の水分と脂肪分を除いた残りの成分をいい、栄養価の高いたんぱく質、乳糖及びミネラルなどが含まれています。発酵乳の仲間は以下のように分けられています。

発酵乳、乳製品乳酸菌飲料、乳酸菌飲料の成分規格

種類 規格
無脂乳固形分 乳酸菌数または
酵母数(1ml当たり)
大腸菌群
発酵乳 8.0%以上 1,000万以上 陰性
乳製品乳酸菌飲料 生菌 3.0%以上 1,000万以上 陰性
殺菌 3.0%以上 - 陰性
乳酸菌飲料 3.0%未満 100万以上 陰性
 発酵乳の種類と作り方
発酵乳って何?発酵乳の種類と作り方地域(欧州・アジア)での違いは?
発酵乳とは
発酵乳って何?
発酵乳の種類と作り方
地域(欧州・アジア)での違いは?
乳酸菌とは
発酵乳の働き
乳酸菌の働き
腸内環境(腸内フローラ)について
健康な腸を保つには
発酵乳・乳酸菌のよいところ
乳酸菌の可能性
参考文献
のぞいてみよう!カルピス研究所
インフルエンザ予防には免疫力アップが効果的!まんがで解る【L-92乳酸菌】
お腹の調子を整え不安感も和らげる!まんがで解る【プレミアガセリ菌CP2305】
カルピス株式会社 ページトップへ