おいしさの秘密

幻のバターと言われる所以は?

幻のバターと言われる所以は?

いつからこの「カルピス(株)バター」をつくっていたかは、カルピス(株)の社史にも載っておらず、はっきりしていませんが、昭和17年(1942年)に業務用として発売された「カルピス(株)バター」は、発売当初より一流フランス料理店のシェフから絶賛を受け、知る人ぞ知る“幻のバター”といわれてきました。

現在、日本で発売されているバターのなかで、この「カルピス(株)バター」は、本場フランスのバターの味に一番近く、フランス料理の微妙なおいしさを出す隠し味として、プロの料理には欠かせない存在です。それ故、一流シェフたちは秘伝の味としてこのバターのことを一切口外しませんでした。この「カルピス(株)バター」は、限られた量しか生産されず、そのほとんどが一流レストラン・ホテル・菓子店に廻されました。

そのため、一般用としては、入手が困難で、その希少価値からも“幻のバター”といわれつづけてきました。

「カルピス」が何故バターに?

この“幻のバター”は、乳酸菌飲料の「カルピス」をつくる工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分(クリーム分)から生まれました。

このバターは「カルピス」の製造で培った高い技術と厳しい品質管理のもと、品質の良い牛乳から得られた良質な乳脂肪からつくられ、そのおいしさ・伸び・つや・色など全てで高品質のバターです。

料理や菓子づくりに最適なバターとして高い評価を得ています。

具体的な特徴は?

香り、風味、とくに、「のび」、「滑らかさ」が一流フランス料理店のシェフから称賛されています。

ソースをはじめ、菓子、パイ作りや粉との合わせ具合などに最適とトップシェフから高い評価をいただいております。

バターの色は、他社製品よりも白くできあがっています。おいしいバターは、品質の良い牛乳から乳脂肪分を分離して製造されるため、牛乳に近い色をしています。

口コミだけでロングセラーになった訳は?

この“幻のバター”「カルピス(株)バター」は、トップシェフの師弟関係を通して“分家”した店でも使ってもらえたりして、業務用の販路が広がり、一般消費者にも固定客が生まれました。

通常のバターの約2倍という値段にもかかわらず、おいしさや、安全で安心な高品質であることが、グルメのお客様の口コミで広がり、 ファンが着実に増加し、ロングセラーとなっています。

“幻のバター”の入手法は?

“幻のバター”「カルピス(株)バター」は、百貨店、スーパー等でお買い求めいただけます。