カルピス(株)バターのできるまで

生乳そのままの白さと上品な香り、芳醇な味わい。
良質な乳脂肪だけで丁寧に造られる、贅沢なバターです。

  1. 生乳

    新鮮で良質の生乳を牧場から冷却した状態で運び、様々な品質検査を行います。

  2. クリーム分(脂肪分)

    遠心分離機で無脂肪牛乳とクリーム(脂肪分)に分離します。無脂肪牛乳は「カルピス」になります。

  3. エージング(熟成)

    冷却したクリームを低温のまま寝かせ、熟成します。

  4. チャーニング(攪拌)

    熟成させたクリームを、厳密な温度管理の下、攪拌(かくはん)します。
    ここでクリーム中の脂肪分が凝集し、バターの原型(脂肪の粒)が出来上がります。

  5. ワーキング(練りあわせ)

    攪拌後、バターの原型を練りあわせます。この作業を念入りに行うことで、“滑らか”で組織の密なバターが出来上がります。有塩バターの場合は、この作業中に食塩を加え練り上げます。

  6. 包装・製品検査

    成型・包装した後、「特撰バター」の品質を維持すべく、カルピス社独自の厳しい基準により製品検査を行っています。この検査に合格した製品だけがお客様の手元に届きます。