文字サイズ 文字を小さく 文字を中くらいに 文字を大きく

カルピス社のCSR

カルピス社はアサヒグループの一員として、世界中のあらゆる事業活動を通じて、持続可能な社会の発展に貢献していきます。アサヒグループのCSR基本方針に基づき、カルピス社の強みを活かしたCSRを実践することで、事業を通じて社会的な課題の解決につなげていくことを目指しています。『魅力と価値のある商品や技術≠提供して、心とからだの健康≠ノ役立ち、社会に貢献する』というカルピス社の企業理念には、創業者が生涯にわたって貫いた想いが受け継がれ、今なおCSRの根幹となっています。私たちはCSRと事業活動をバランス良く行い、自主的かつ積極的に推進することで、新たな社会的価値を創造していきます。さらに、すべての社員が同じ価値観でCSRに取り組むことで、カルピス社らしいCSRを前進させていきます。

企業理念、企業スローガン企業ドメイン、企業風土
持続可能な社会 世界にピース社会にピース社員にピース安全・安心にピース健康にピースお客さまにピース地球にピース

7つのピース

1.安全・安心にピース  お客さま視点に立った品質の確保

3.お客さまにピース おいしさでお客さまを笑顔に

5.自然にピース 生物の多様性を活かすために

7.社員にピース いきいきと働ける職場を目指して

2.健康にピース 心とからだの健康をサポート

4.地球にピース 環境に配慮したモノづくり

6.未来にピース 未来を担う子どもたちの育成

「7つのピース」の選定について

カルピス社のCSR重要テーマ『7つのピース』は、アサヒグループが定めた3つのCSR活動領域『食と健康』 『環境』『人と社会』の中で、カルピス社が社会、自社の2つの視点で優先して取り組むべきテーマを選定しています。社会の視点では、CSRレポートのアンケート結果などから社会の関心が高いテーマを抽出しています。それに加え自社の視点では、カルピス社が社会に与える影響度の高いテーマやカルピス社らしいテーマを選定し、『7つのピース』としてまとめています。

ステークホルダーの皆さまの声を大切にカルピス社らしいCSRを考えています。>>

ISO26000 中核主題に関するカルピス社の取り組み

社会的責任の国際規格であるISO26000※1が示す7つの中核主題を参照しながら、カルピス社はCSR活動に取り組んでいます。

ISO26000中核主題 カルピス社の主な取り組み
組織統治 コーポレート・ガバナンス / リスクマネジメント / ステークホルダー※2との対話P10〜25
人権 社員一人ひとりがいきいきと働ける職場づくりP23
労働慣行 労働安全衛生管理の徹底 / ワーク・ライフ・バランス※3の推進P24)/ プロフェッショナルを育む企業風土づくりP24
環境 環境経営の推進 / 環境に配慮した事業活動P17〜18
公正な事業慣行 コンプライアンスの推進 / 公正な取引 外部リンク
消費者課題 お客さまの声を商品・サービスに活かすためにP15)/ お客さまへの対応P16)/ 情報セキュリティの強化
コミュニティ参画および発展 地域社会への貢献、社員参加型の社会貢献活動の推進P21〜22
※1 ISO26000:ISO(国際標準化機構)によって発行された、企業など組織の社会的責任に関する手引き。 ※2 ステークホルダー:民間企業など、あらゆる組織が活動を行ううえでかかわる個人・団体。利害関係者。 ※3 ワーク・ライフ・バランス:仕事と私生活のバランスをとりながら両立すること。

ページトップへ戻る