有酸素運動がよい理由|血圧が高めの方に適したおいしいトクホ「アミールS」

知っておきたい!血圧基礎知識

  • いいね!
  • ツイートする

有酸素運動がよい理由

血圧には無理なく続けられる有酸素運動がおすすめ。
なぜよいのか? その理由を解説します。

有酸素運動の定義と効果

有酸素運動とは、酸素を多く取り込みながら、一定の動作をリズミカルにかつ長く持続させる運動のことで、ウォーキングなどがよく知られています。運動の強度としては、「ややきつい」と感じる手前くらい。おしゃべりしながらできるくらいのペースがもっとも効果的です。時間は30〜60分くらいを目安にするといいでしょう。息があがるほどになると、無酸素運動となってしまうので要注意。無酸素運動は心臓に負担をかけるので、血圧が高めの方には向いていません。

さて、有酸素運動を行うとどんな効果があるのでしょう? 心肺の機能が強化され、血液の循環が改善し、代謝もよくなります。結果、中性脂肪値は下がり、善玉コレステロール値は上がります。高血圧をはじめ、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病の改善にたいへん効果的です。

有酸素運動の定義と効果

有酸素運動が血圧を下げるメカニズム

ウォーキングのように、一定の動作をリズミカルに行う有酸素運動は、心拍出量と交感神経系の両方に効果があると言われています。
運動をすることにより、腎臓のナトリウム貯留が改善されることで、余分な水分を尿として排出。すると体液量が減少するため、血液の抵抗が低下。結果、血圧が下がります。
一方、リズミカルな刺激が交感神経系にも作用し、血圧を上昇させる交感神経優位の状態から、バランスのとれた状態へコントロールしてくれます。すると血管が拡張し、抵抗が低下することで血圧が下がるというわけです。

どうせ飲むならおいしいトクホ。「アミールS」は血圧が高めの方に適した特定保健用食品です。